3   「叛月記」  松下真己
 
 
 
 
ちきしょう、ざまあみろ。
昼はあかるい、夜はくらい。
ふざけた心理定法をば、
俺は ついさッき
喰らいちぎってやったんだ。
あいつらは 誰ひとりとして
何も 知りはしないのだ。
この新宿の真昼の闇の
ただならぬ ふかい 深さを。
俺は その深みで
おまえたちには 聞こえる由もない
咆哮を あげている
三越前のライオンだ。
ちきしょう、ざまあみろ。
今日も 陽光の血が 美味い。
 



| Prev | Index | Next |


| top | 過渡期って? | 最新情報 | SPOKEN WORDS | ヒストリー | | 詩集 | オーナー日記 | リンク |


SEO [PR] 母の日 カード比較 再就職支援 バレンタイン 冷え対策 誕生日プレゼント無料レンタルサーバー ライブチャット SEO